名前はきいたことがあるけれど、まだまだ知られていないクロレラ。そんなクロレラの特長をご紹介します。

クロレラはみどり色をした藻の仲間。
このクロレラの誕生は、さかのぼること5億4千万年。
そんな太古の昔から、変わらぬ姿で過酷な環境を生き抜いてきたクロレラ。
こちらのページではそんなクロレラの魅力についてお伝えいたします。

①太陽と水の恵み、クロレラ

クロレラは、淡水産の緑藻類のひとつ。
自然環境のもとで太陽の光をたっぷり浴びて育ったクロレラは健康な身体に必要不可欠な栄養素をバランスよく含んでいます。

② 自然の恵みをまるごと食べられる、クロレラ

一つの食品をまるごと食べる「ホールフード」は一物全体食という考え方。
クロレラは3-8ミクロンの小さな生き物なので、まるごと食べる食品としてとても優れています。わずか1gのクロレラ粉末には数百億個の細胞が含まれます。
この途方もない数のクロレラを、天然の栄養バランスそのままに、まるごといただくことができるのです。
*クロレラは単細胞の生命なので、細胞の数 = クロレラの数になります。

③ 女性に嬉しい栄養素たっぷりのクロレラ

クロレラは健康な身体づくりに欠かせないタンパク質が約60%含まれており、これは植物には珍しい数字です。その他にも女性に嬉しい鉄分や葉酸、ビタミンB12、ビタミンD、葉緑素が含まれているから、栄養バランスが気になる女性の強い味方。また藻類に含まれるビタミンB12は、身体で利用されない型のものが多いですが、クロレラに含まれるビタミンB12は身体が利用できる真のビタミンB12です。
野菜が中心になると不足するこの栄養素もしっかり補うことができるのです。

④ クロレラの研究

クロレラは1890年にオランダ人の研究者がイギリスで発見しました。
その光合成能力や栄養豊富な点に注目が集まり、未来の食糧資源として盛んに研究がされました。
クロレラの研究論文は数多くあり、その数4,807件!(PubMed:検索ワードChlorella、2015年6月現在)
現在も世界各国の研究者がその研究にあたっており、食経験も研究も歴史ある素材と言えます。

クロレラくらぶの商品一覧を見る

意外!? クロレラって美味しいんです。

クロレラは鮮やかな緑色をしているため、「もしかして苦いのでは?」と思われることがよくありますが、野菜嫌いの小さなお子様でも食べられるほど、苦味のほとんどない食品です。
そしてクロレラの抽出エキス(C.G.F.)には、味を整える調味料としてかつて研究されたことがある程、旨みがあります。
それを実証するため、(株)味香り戦略研究所にて味覚センサーを使った味の分析を行いました。

『青汁みたいに苦いんでしょ?』 青汁と比べてみました

『青汁みたいに苦いんでしょ?』 青汁と比べてみました

※クロレラパウダーは3%濃度水溶液、青汁3種は各社推奨濃度水溶液にした場合の比較。

クロレラパウダーは青汁とは異なり、苦味と渋味の感じられない領域にあることが示されました。

『旨みがあるってホントなの?』 天然だしと比べてみました

『旨みがあるってホントなの?』 天然だしと比べてみました

※クロレラパウダーは3%濃度水溶液、天然だし4種は一般的な使用濃度に煮出した「だし汁」との比較。
※天然だしは市販品を使用。産地、季節等によっては味のポジションが変わる場合があります。

天然のおだしに匹敵する旨味とコクがあることがわかりました。

クロレラくらぶの商品一覧を見る

ご存知ですか?一物全体食(ホールフード)という考え方が広まってきています。

それは、生命をまるごと食べ、バランスよくその力を身体に取り込むこと。

「小さな生命を大きな生命がまるごと食べる」。生命が海で誕生した時から、繰り返されてきた自然なことです。
でも、固かったり苦かったり、色々な理由で、当然のように捨てられるカボチャの種、リンゴの皮、コメの糠‥‥
いろいろな事情で、生命を丸ごと食べる機会が減っています。

生命の力を食べて、最大限に生かすのが難しい時代だからこそ

▼

まるごと食べる“クロレラ”が注目されています!

緑藻類のひとつで、天然のスーパーフード、クロレラ。

クロレラは単細胞の生命体で非常に小さいので、まるごと食べるにはうってつけです。
顕微鏡でしか見えない3-8ミクロンほどの小ささに、栄養素が わかっているだけで なんと59種類以上!

▼

クロレラの天然の栄養バランスをまるごと活かし
毎日の生活に、気軽に取り入れられる“クロレラくらぶ”ができました!

栄養バランスに優れたクロレラを、毎日の食生活に取り入れやすいカタチにした、クロレラくらぶオリジナル商品です。

クロレラを研究して46年。

当社はサン・クロレラという社名が示す通り、
クロレラを主力商品として40年以上、販売してきております。

一物全体食としてのクロレラ、生命をまるごと食するクロレラの機能は
医薬品や特定保健用食品のようにある特定の一成分によるものではなく
複数の成分のよるものと考えられ、その働きは非常に複雑で広範囲に及んでいると考えられます。

その複雑な働きを解き明かすため、創業以来、国の内外を問わず多くの研究者と共同研究を続けてきております。
2000年以降だけをみても、学会発表と論文掲載の数は60件以上にもおよびます。

Q&A

Q.いつ食べればいいのですか?

どの商品も、特に決まりはありません。お好きなときにお召し上がりください。

Q.誰でも食べられますか?

クロレラは長年食べられてきた食材ですので、どなたでも安心してお召し上がりいただけます。
ただ、クロレラコーディアルはハーブを多種使用しておりますので妊娠中の方は、医師とご相談の上お召し上がりください。

Q.カロリーは…

クロレラ茶

クロレラ茶/1本 190ml あたり … 5.7 kcal

クロレラゼリー

クロレラゼリー/1本 15g あたり … 15.0 kcal

クロレラコーディアルfor Beauty

クロレラコーディアル for Beauty/20ml あたり … 19.7 kcal

クロレラコーディアルfor Family

クロレラコーディアル for Family/20ml あたり … 23.5 kcal

クロレラふりかけ

クロレラふりかけ/3g (約1回分) あたり … 12 kcal

クロレラパウダーfor Cooking

クロレラパウダー for Cooking/小さじ1杯 あたり … 7.9 kcal

Pain Vert〈 ミルククリーム味・こしあん味 〉

パンヴェール〈 ミルククリーム味 〉/100gあたり … 約330 kcal

京都黒豆ちょこ

京都黒豆ちょこ/1袋10gあたり … 55 kcal

クロレラくらぶの商品一覧を見る

クロレラの分析データ(100g当り)

水分 3.5g 0.16mg ビタミンC 31mg
脂質 10.8g カリウム 1,020mg ビタミンD 1460μg
たんぱく質 59.4g ナトリウム 55mg ビタミンE 7.1mg
糖質 3.6g ヨウ素 検出せず ビタミンK1 1,080μg
食物繊維 13.5g リン 1,970mg ナイアシン 42.2mg
灰分 9.2g αカロテン 23,500μg パントテン酸 3.04mg
熱量 376kcal βカロテン 56,400μg 葉酸 1,500μg
カルシウム 1260mg ビタミンB1 1.50mg ビオチン 229μg
130mg ビタミンB2 5.06mg イノシトール 137mg
マグネシウム 417mg ビタミンB6 1.74mg 葉緑素 3,070mg
亜鉛 1.11mg ビタミンB12 200μg    

《アミノ酸組成》

イソロイシン 2.17g シスチン 0.66g
ロイシン 4.71g チロシン 2.03g
リジン 3.28g アルギニン 3.41g
メチオニン 1.39g アラニン 4.40g
フェニルアラニン 2.75g アスパラギン酸 5.15g
スレオニン 2.72g グルタミン酸 6.27g
トリプトファン 1.14g グリシン 3.29g
バリン 3.45g プロリン 2.70g
ヒスチジン 1.07g セリン 2.27g
クロレラくらぶ公式Instagram
旅するFood記公式Instagram