第一回 クロレラdeお料理教室スイーツ編 実施レポート

2016.4.21

2016年4月7日(木)13:00~15:00日本シュガーデコレーション協会(京都市下鴨本通北大路)にて開講しました。
春らしいデザインのアイシングクッキーを作りました。
アイシングとは、砂糖、卵白、水を混ぜてカラフルに着色したクリームのことです。
このアイシングを使ってデコレーションしたものがアイシングクッキーです。
クロレラパウダーをスイーツに使った、初めてのレッスン!詳しくレポートいたします。
1

講師を務めていただいたのは、日本シュガーデコレーション協会代表理事、Wilton認定講師の藤林あやこ先生です。
2

まず、縁取り用のアイシングの説明を聞きました。コルネ(アイシングの入っている円錐形の絞り袋)の先をハサミで少しカットして、太さや固さなど出具合を確認。縁取り用は少し固めに先生が調整して下さっています。少しだけフランボワーズが入っているアイシングです。
3
塗りつぶしたい外周を縁取ります。
4
縁取った中を、フランボワーズでキレイなピンクに色づけされたアイシングでベタ塗りします。縁取り用よりも柔らかくベタ塗りしやすくなっています。
5
空気が入らないように、専用の道具でさっとなぞります。
6
参加者のみなさんも頑張ってらっしゃいます。
7
ベタ塗りが終わりました。
8
アイシングを乾かします。こちらはドライフルーツを作る器具のようです。
9
乾かしている間に、クッキー生地の作り方を教わりました。
室温にもどしたバターを撹拌し、砂糖を混ぜてさらに撹拌します。

卵やバニラエッセンス、クロレラパウダーを混ぜた中力粉も加えます。クロレラパウダーは微粉末のため、ふるい作業の手間なく加えることが出来ます。

生地をまとめ、厚手のビニール袋に入れ平らにのばします。両側に木の棒(ホームセンターに売っているものでOK)を置くとちょうどいい厚みになります。
14
さて、アイシングが乾いたクッキーを取り出し、葉っぱの部分を塗っていきます。クロレラパウダー入りのアイシングです。白(縁取りに使った薄いピンク)と濃いめのピンク(ベタ塗りに使用)のちょうど中間の柔らかさに調整されていて、縁取りとベタ塗り両方出来ます。いちごの点々やお花の線は白のアイシングで仕上げます。

次にアイシングの作り方を教えていただきました。メレンゲパウダー、水、粉砂糖(オリゴ糖入り)を混ぜます。かなり固くなっていくので、混ぜるのはスプーンよりフォークの方がやりやすいです。

出来上がったアイシングに先生がクロレラパウダーを混ぜてみると・・・。あっという間になじんで、グリーンのアイシングになりました。クッキー生地にもなじみが早かったので、微粒子化されているクロレラパウダーは、製菓材料とかなり相性がいいように感じます。
19
出来上がったクッキーは、箱に入れてお持ち帰り。春らしさ満載です!
20
最後はケーキと紅茶でティータイム。今日は、アイシングクッキーの描き方・塗り方はもちろん、クッキー生地やアイシングの作り方をとても丁寧に教えていただけました。
クッキーの生地はあんなに丁寧に混ぜ続けるんだ!とか、アイシングを作るのは想像以上に力のいる作業なんだ!など、驚きや発見がたくさん。
先生にどの工程が一番大変かを伺うと、アイシングを作る時とのことでした。アイシングの固さ、色具合などの調整に神経を使うそうです。
細かい作業でしたが、完成した時の達成感はひとしお。出来上がったクッキーは1ヶ月くらいは保管してそのあと食べる事が出来ますよ♪

参加者の皆さんからは、
「クロレラはキレイな色が出るので、カラフルスイーツにぴったりだと思いました」
「意外とクロレラパウダーと生地とのなじみが良かったです」
「色合いがとてもキレイ。香りも良い」
などなど、様々な感想をいただきました。
21
みなさま、ご参加いただきありがとうございました。
次回のクロレラdeお料理教室スイーツ編は7月に開催予定です。夏らしいデザインのアイシングクッキーを作っていただきます。下の写真のクッキーがどう変身するでしょうか!?お楽しみに!
22

使用した商品

第一回 クロレラdeお料理教室スイーツ編 実施レポート

クロレラパウダー for Cooking

いつもの食事がひと匙で美味しくサプリなメニューに! 理想的なホールフード、クロレラをお料理に使いやすいパウダーにしました。 旨み調味料にもなるクロレラパウダーをぜひ一度お試しください。

商品詳細を見る